愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

デジタル(機械加工、データ)とアナログ(ハンド作業、図面解読)の両立

年始からフル稼働しております弊社のNC加工機ですが、昨年10月から11月にかけて修理等、いろいろとありました。

木型を機械加工

仕事内容的に一番影響が少ない時期であったため、事なきを得ました。
本当にツイておりました。

これが12月、1月であったなら短納期でも大物木型内容の仕事が全てハンド作業となるところでしたので、対応出来ていたかどうか・・・

無事に稼働してくれているので、加工機にも修理業者含めて関わった全ての方々へ感謝しつつ、日々業務をこなしております。

10月、11月時にはつくづく昔の職人さんたちの凄さを感じながら、「今は加工機やデータありきの時代だな」とも感じつつ、木型製作を通じてものづくりに励んでいる日々です。

デジタル(機械加工、データ)とアナログ(ハンド作業、図面解読)の両立が大切なことを再度実感しました。

木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

大物木型届く

今回の仕事では久しぶりに大物の木型のメンテナンスでございます。 現場の場所の確保にかなり頭を痛めました。 サイズ感で聞いてた時には何...

記事を読む

2回戦目の大型定盤

今日から3月となり、仕事の進み具合でもちょうど2月末に1回戦目の大きい定盤が雨の中ではありましたが、会社内から出荷して納品されていきました。...

記事を読む

実際のサイズ感を見失いがち

ここにきて3Dモデルデータからの木型製作の仕事が増えてきました。 そのため図面でも寸法記載部分、断面図等の出図も減り、枚数が抑えられてきて...

記事を読む

発泡スチロール型を納品

先日から現場を支配していた発泡スチロールの部品の数々がようやく木枠の中にも納まり、完成したので一式納品となりました。 鉄板入れたり、木枠の...

記事を読む

最長記録の定盤

今回の案件は、今までの弊社にとって一番長い木型の台(定盤と言います)となりました。 定盤は4メートルが最長記録でしたが、今回は5メートルと...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。