愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

12年という月日を考える

今週は何とも不思議な1週間となりました。

一つ仕事が片付くと次の仕事が急に飛び込んできたり、14年ぶりのお客さんから仕事のお問合せをいただいたり、予期せぬ出来事が多くありました。

ただいずれの話も木型屋が減ったことや高齢化による仕事内容の変更に伴う木型屋探しから起こっているような印象を受けます。

2006年に父親の他界により、継いでから12年にして初めて父親の木型業界の先見を実感することとなりました。

よくこの半田市内の木型屋も10年もすると数件しか、跡継ぎがいないとか、一気に機械加工での木型が進むとか、海外とのバランスで日本から木型が減るのではないかとよく語っていたことを思い出されます。

自分自身では段々と父親の懸念を話していた年齢に近づいてきただけに身に沁みます。

自分の信じた木型屋の路線で社業に励んでいこうと強く感じる出来事が増えてきたので、くじけることなく負けることなく邁進していこうと想いを強く毎日取り組んでおります。

まだまだ未熟なところも多々ありますが、父親に見守られながら12年が経とうとしております。

月日が経つのは本当に早いものです。

木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

悩ましい発泡入子

たくさんの発泡スチロールの入子が現場に集まり、ただいま保管場所に四苦八苦しております。 発泡スチロール製でいびつな形をしているため保管の仕...

記事を読む

左右対象物の木型

2月と同じく3月の初旬も大きい定盤が現場に拡がり始めました。 主型(本体木型)ではこの2回戦目では右(R)、左(L)のR/Lシリーズではあ...

記事を読む

東海市とのご縁

去年息子たちが高校生となり、二人とも東海市まで通学することになり、ここ最近は東海市によく行く機会が増えていたのですが、まさか自分まで東海市へ...

記事を読む

仕分け棚制作で工数低減

長年に渡り自分自身の課題でありまして、5月末にも棚卸時に困り、一気にやる気になった薄いベニヤの見える化の仕分け棚をようやく作ることが出来まし...

記事を読む

ホットプレートの木型

この度、木型の仕事で初めて日常生活で登場するホットプレートの木型を製作しました。 図面とモデルデータをいただいた瞬間にビックリしました。 ...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。