愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

裏板作業

ここのところ手がけております、大きい定盤を補強のために裏側へ板(裏板)を固定のため、クレーンで持ち上げたところ一面が見えたところで改めて大きさを実感いたしました。

大定盤 裏板取付

緑色の大扉の高さが4Mあるのですが、その高さに迫る感じになり巨大スクリーンのような、看板のような雰囲気に圧倒しました。

この仕事が進むまでには3M巾の輸送のトラックの問題があり、時間を要しましたが今年に入ってから決定がくだされ、そこからは今度は現場内の場所確保の格闘の日々でした。

一応のメドや段取りも分かったので、この後の2回戦目はスムーズにいけることだと思います。

大定盤 裏側

<

久しぶりの大サイズ(3M×3M)定盤でありましたが、今のところ順調に進みましたので、案ずるより産むがやすしではありませんがちょっとホッとしてきました。
ただ今度は納品時のトラックの受け入れで悩まされそうだけど・・・

木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

鋳出し文字にも時代の流れ

ここのところ木型に製品用の管理番号であったり、日付であったりと貼り付ける文字に対する変化を感じております。 というのも元々は、手加工から出...

記事を読む

頼りにしている加工機

ここのところ暑さに少々バテ気味となってきちゃいました。 そんな仕事が進まない時に頼りになるのが、NCフライスなどの加工機です。 暑さ、寒...

記事を読む

木型の材料「ケミカルウッド」

最近使用頻度の増えてきました、ケミカルウッドですがやはり木と違い木目がないので、機械加工でも最適な材料となってきました。 大きいRなど...

記事を読む

アイデア次第

9月も終わろうとしているのに雨ばかりで蒸し暑い日が続きます。 湿気が高いから相変わらず木が変形して調整ばかりで、四苦八苦の戦いばかりです。...

記事を読む

平成から令和へ合わせて木型更新

5月から木型更新のシリーズで3機種製作することとなり、ようやく1機種目がゴールを迎えました。 30年近く前の木型が今の今まで現役で使用され...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。