愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

釣り竿の柄の制作は良い教材でした

先週末に地元の先輩から依頼があり、釣り竿の柄を作るご協力をさせてもらいました。

下絵が描かれた木材を渡され、いろいろとご教授とイメージを汲みながらの作業でした。

道具も豊富に自前でお持ちなようでしたが、どうしても出来ない箇所のお手伝いとなりましたが、ある意味でいい勉強となりました。

テレビ番組の「有吉ゼミ」でもリフォームをコーナーでやられております、ヒロミさんによる「八王子リフォーム」でも我々でも知らない金物であったり、電動工具のナイスな使い方などが時々あるので、釣り竿の細工時にもいいヒントにもなったのでした。

木工機が当たり前に揃っているから、当たり前の使い方しか思いつきませんが、ない状態から個人個人に必要な使い方となるとよそからのヒントやアイデアが欠かせません。

リフォーム的なテレビ番組は職業柄的にも個人的にも好きで、よく観るのですが、本当にいい勉強になります。

この記事が気に入ったら、いいね!&フォローをしよう!

木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

仕事の傾向は木型の更新が増加

ここ最近の仕事の傾向は、またまた古い木型を作り直すといった更新の案件が増加傾向であります。 30年ほど前の木型を更新しておりますが、平成時...

記事を読む

平成から令和へ合わせて木型更新

5月から木型更新のシリーズで3機種製作することとなり、ようやく1機種目がゴールを迎えました。 30年近く前の木型が今の今まで現役で使用され...

記事を読む

記憶ではデジタルにはかなわない

最近、去年終わっている木型の問い合わせが続き、記憶もさることながら、記録も写真も探ることが増えてきました。 何となく覚えていること、苦労し...

記事を読む

裏板作業

ここのところ手がけております、大きい定盤を補強のために裏側へ板(裏板)を固定のため、クレーンで持ち上げたところ一面が見えたところで改めて大き...

記事を読む

木型の場所確保の問題

ここのところの仕事の内容では木型本体(主型)を取り付ける台(定盤)の更新が続いており、現場に木型が広がる傾向が続いております。 定盤ごとお...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。