愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

平成から令和へ合わせて木型更新

5月から木型更新のシリーズで3機種製作することとなり、ようやく1機種目がゴールを迎えました。

30年近く前の木型が今の今まで現役で使用されここにきて損傷が激しいことから、既存型を見本に更新したのでした。

それほど前の木型なので、図面をいただき既存型を預かり、驚かされることばかりでありました。

今でこそ3Dモデルがあるので、図面上の少ない情報量でも形状がモデル化して、立体形状を確認出来ますが、その頃はまだそこまで普及もしておらず、よくここまで出来たものだと感心することばかり。

昔の木型職人さんの凄さを実感させられました。

ただ現在は機械加工やデータ化が進み、納期対応に追われる時代となっているので、この頃のように納期に対しておおらかではないと思うので、見本型ありの現代加工機とデータを武器に挑みましたが、それでもなかなかの内容であったので、当時はどのぐらいかかったことでしょう。

進めていくなかで材料の変化や、金具の変化なんかも感じられ平成時代を担ってきた木型が令和で生まれ変わった感じであります。

まだ2機種あるから、またいろんな意味で驚かされること、感心させられることが多々あると思うけど、昔の職人に負けないように精進していきます。

この記事が気に入ったら、いいね!&フォローをしよう!

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

鋳出し文字の削り出し

昔から木型屋ではよく使用しております樹脂文字ですが、近年は加工機でそのまま削り出すことが増えてきました。 樹脂文字はかなり種類が多く、標準...

記事を読む

アイデア次第

9月も終わろうとしているのに雨ばかりで蒸し暑い日が続きます。 湿気が高いから相変わらず木が変形して調整ばかりで、四苦八苦の戦いばかりです。...

記事を読む

木型更新

プロ野球でも引退や戦力外通告の報道がされる秋に弊社でも木型の更新シリーズが進んでおり、古い木型(古型)は引退でございます。 材料や木組...

記事を読む

裏板作業

ここのところ手がけております、大きい定盤を補強のために裏側へ板(裏板)を固定のため、クレーンで持ち上げたところ一面が見えたところで改めて大き...

記事を読む

ウッドショックでベニア材が不足

最近、木型の材料であるベニヤ板の不足が問題となってきました。 去年より騒がれておりましたウッドショックによる金額の高騰も続いておりますが、...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。