愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

鋳物からの木型製作

2018年に入り、近年増えてきた印象のある現物鋳物からの木型製作のお話。

現物鋳物からの木型製作

図面がなく各寸法を計測して弊社で図面を起こして木型を製作していくという内容。

専用機械の一部品のため、長きに渡り使用され図面資料が存在しないようです。

最近ではCADが普及し、データ化されているので図面もありますが
昭和の時代ではまだ手書き図面が多いため、このような事態になってきております。

デジタル化が進んできておりますが、まだまだアナログ的な昭和の風情を
残す現物鋳物から木型製作をする仕事。

取り組んでておもしろいところと不思議な形状など様々な出来事が多いです。

今年も何点か昭和を感じる、昔を懐かしむ機会がある一年かな。

木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

木型定盤を納品すると不思議な感覚

ここのところ現場で埋め尽くしておりました、定盤更新の仕事もようやく山場を越えました。 今週から随時出来た木型定盤から納品への運びですが、今...

記事を読む

プラント計画用の木型製作が折り返し地点

新年度を迎える4月からプラント計画用の木型製作がスタートして、ちょうど1ヶ月半が過ぎようやく山を超えたところの半分が終わりました。 そして...

記事を読む

木型の悩み【湿気】

ここのところのあいにくな天気で、暑さはそれほどではないけれど、木型屋としては天敵であります湿気に悩ませられております。 特に作り立てであっ...

記事を読む

デジタル(機械加工、データ)とアナログ(ハンド作業、図面解読)の両立

年始からフル稼働しております弊社のNC加工機ですが、昨年10月から11月にかけて修理等、いろいろとありました。 仕事内容的に一番影響が...

記事を読む

仕事の傾向は木型の更新が増加

ここ最近の仕事の傾向は、またまた古い木型を作り直すといった更新の案件が増加傾向であります。 30年ほど前の木型を更新しておりますが、平成時...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。