愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

木型や材料が・・・

10月も月末が近づき、木型も納期に合わせていろいろと完成間近の物から、お預かり木型一式や外注依頼品もあり、現場では物が拡がる一方でございます。

新作の木型製作と更新木型製作中1

台風の影響による木型製作と更新木型製作と木型をお預かりしてから、新作の木型製作が始まることから、場所の確保に頭を悩まされながら完成を待つような状態でした。

途中に材料の仕入れもあったので、現場の拡がり方が気になる日々。

新作の木型製作と更新木型製作中2

よくあることですが、完成して出荷して一気に木型が現場から無くなるとそれはそれで淋しく感じるほど、現場はガラーンとします。

その瞬間はいいのですが、何か現場に並んでないと淋しさが込み上げてくるのですが、自分の性分だけなのか不思議な感覚です。

既存型を預かり、同じ仕様の木型製作を求められるので最近では、いろいろな木型屋さんの作りを見えるので、いい勉強の機会にもなっております。

この記事が気に入ったら、いいね!&フォローをしよう!

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

最後の紅松

木型業界で長年に渡り、使用してきました材料であります紅松(ベニマツ)ですが、弊社も最後の山を預かり、今後は違う材料へのシフトの時がやってきま...

記事を読む

両立への挑戦

近年というか最近多くなった感のある発泡型の依頼。 木型としてではなく、単発的で短納期のため機械加工でないと追い付かないので、加工機の出番ば...

記事を読む

12年という月日を考える

今週は何とも不思議な1週間となりました。 一つ仕事が片付くと次の仕事が急に飛び込んできたり、14年ぶりのお客さんから仕事のお問合せをいただ...

記事を読む

悩ましい発泡入子

たくさんの発泡スチロールの入子が現場に集まり、ただいま保管場所に四苦八苦しております。 発泡スチロール製でいびつな形をしているため保管の仕...

記事を読む

シェル芯の存在感

寒くなって年の瀬も近づきいよいよ冬ってところで年内のうちに決めようと思うのが、長年出番の無くなったシェル芯の数々。 ちょうど10年前の...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。