愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

鋳物と木型

杉浦木型では、ここ3ヶ月間の仕事内容では20~25年前の木型を更新したり、修理したりといったことが多かったです。

口頭や記載されている年号にて分かるのですが、まだまだ現役な木型ばかりであります。

昔の木型に触れることは感心させられることや機械加工が主流の現在においては、考えられないような手加工での苦労の跡なんかも感じられます。

ちょうど、自分自身が木型屋に修行に出始めた頃な年代なだけにいろいろ感じることが多いのでした。

そして木型屋としても、ここまで息の長い木型に携われると嬉しいことでもありながら、次の仕事になるまでに歳月がかかるといった複雑な気持ちにもなります。

また鋳物屋は昔から製造工程は変わらない反面、供給する木型屋は機械化で変化していっていることと似ている感覚があるので、これもまた複雑な気持ちです。

使用頻度と管理方法で傷み方や更新の時期などは変動しますが、木型を数回、数百回使い、鋳物にする鋳物屋と1回製作して完成すると、次に移行する木型屋との違いもあるので、これもまた複雑な気持ちです。

鋳物は量産、木型は単品といった傾向なので仕方のないことでもありますが、息の長い木型は嬉しい反面、複雑なところがあります。

木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

実際のサイズ感を見失いがち

ここにきて3Dモデルデータからの木型製作の仕事が増えてきました。 そのため図面でも寸法記載部分、断面図等の出図も減り、枚数が抑えられてきて...

記事を読む

大型定盤を雨の中に出荷

2回戦目の大型定盤の引き取り日が昨日ありました。今週で唯一の雨の日となりましたが、小降りでよかったです。 というのもトラックのあおりを倒し...

記事を読む

増税前の9月

8月お盆休み明けから、仕事の方向性が古型の更新であったり、メンテナンスのようなお問合せが増えており、報道などでありますように、少々景気の波が...

記事を読む

鋳物からの木型製作

2018年に入り、近年増えてきた印象のある現物鋳物からの木型製作のお話。 図面がなく各寸法を計測して弊社で図面を起こして木型を製作して...

記事を読む

ケミカルウッド製木型

ここのところ木型製作時に使用する材料が天然木やベニヤから、樹脂木材や樹脂ブロックと呼ばれるケミカルウッドへとシフトしていってる傾向が強く感じ...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。