愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

左右対象物の木型

2月と同じく3月の初旬も大きい定盤が現場に拡がり始めました。

主型(本体木型)ではこの2回戦目では右(R)、左(L)のR/Lシリーズではあります。

昔からこのシリーズでは木型屋的にはどこを持って判断するのか分からないまま、知らないまま関わってきましたが、偶然にも他の木型で2月と3月に掛けて、R/Lシリーズの木型を製作しております。

左右対象物の木型

同時進行で製作しております他のR/Lは区別がつきやすく、図面にもちゃんとR、Lの表記があるので分かるのですが、昨日この定盤に取り付けたい主型が届きまじまじと眺めましたが、やはり分からないのでありました。

恐らく鋳物となり、現場で設置する時の愛称のみで言われるR/Lかなと思いますが、作っている間では図番のみで問合せをしながらとなるからあまり気にならずやってきました。

木型を製作していく上でR、Lや図面の逆勝手といったことで対象物的な木型を製作していくことは多いのですが、大きさや形状によってはRからとかの半分ずつとなることが多いので、余計見失うことや気にならず1点ずつ向き合いながら製作していくことが多いので分からないままのことも多いです。

叶わぬことが多いのですが、本当はR/Lの鋳物を設置される現場にて見極めてみたいと感じます。

この記事が気に入ったら、いいね!&フォローをしよう!

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

頼りにしている加工機

ここのところ暑さに少々バテ気味となってきちゃいました。 そんな仕事が進まない時に頼りになるのが、NCフライスなどの加工機です。 暑さ、寒...

記事を読む

型屋の難しさとは?

新聞、テレビ報道で最近人手不足や人材不足の内容をよく耳にするようになりました。 また木型屋でよく言うのですが、職人やエンジニアが不足傾向に...

記事を読む

釣り竿の柄の制作は良い教材でした

先週末に地元の先輩から依頼があり、釣り竿の柄を作るご協力をさせてもらいました。 下絵が描かれた木材を渡され、いろいろとご教授とイメージを汲...

記事を読む

現物鋳物しかない木型製作にて寂しさを感じる

お盆休み前のタイミングで、また現物鋳物しかないという木型製作依頼が舞い込んできました。 昭和の香りのする機械の消耗部品らしいのですが、これ...

記事を読む

東海市とのご縁

去年息子たちが高校生となり、二人とも東海市まで通学することになり、ここ最近は東海市によく行く機会が増えていたのですが、まさか自分まで東海市へ...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。