愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

左右対象物の木型

2月と同じく3月の初旬も大きい定盤が現場に拡がり始めました。

主型(本体木型)ではこの2回戦目では右(R)、左(L)のR/Lシリーズではあります。

昔からこのシリーズでは木型屋的にはどこを持って判断するのか分からないまま、知らないまま関わってきましたが、偶然にも他の木型で2月と3月に掛けて、R/Lシリーズの木型を製作しております。

左右対象物の木型

同時進行で製作しております他のR/Lは区別がつきやすく、図面にもちゃんとR、Lの表記があるので分かるのですが、昨日この定盤に取り付けたい主型が届きまじまじと眺めましたが、やはり分からないのでありました。

恐らく鋳物となり、現場で設置する時の愛称のみで言われるR/Lかなと思いますが、作っている間では図番のみで問合せをしながらとなるからあまり気にならずやってきました。

木型を製作していく上でR、Lや図面の逆勝手といったことで対象物的な木型を製作していくことは多いのですが、大きさや形状によってはRからとかの半分ずつとなることが多いので、余計見失うことや気にならず1点ずつ向き合いながら製作していくことが多いので分からないままのことも多いです。

叶わぬことが多いのですが、本当はR/Lの鋳物を設置される現場にて見極めてみたいと感じます。

木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

鋳物尺への悩み

古い木型や鋳物で図面なし状態から製作といった案件も続いておりましたが、新規案件でもデータ通り製作といったお話となり、ここにきて図面レスといっ...

記事を読む

仕事の傾向は木型の更新が増加

ここ最近の仕事の傾向は、またまた古い木型を作り直すといった更新の案件が増加傾向であります。 30年ほど前の木型を更新しておりますが、平成時...

記事を読む

最長記録の定盤

今回の案件は、今までの弊社にとって一番長い木型の台(定盤と言います)となりました。 定盤は4メートルが最長記録でしたが、今回は5メートルと...

記事を読む

最後の紅松

木型業界で長年に渡り、使用してきました材料であります紅松(ベニマツ)ですが、弊社も最後の山を預かり、今後は違う材料へのシフトの時がやってきま...

記事を読む

2月は短い

2月も今週が最終週となり、危惧しておりました今月中の納期案件もいよいよ大詰めの毎日となってきました。 27日が土曜日、28日が日曜日のため...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。