愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

木型内にマグネットの埋め込み

今回の木型製作には木型上に金具をセットするため、小さなマグネットを仕込む作業がありました。

以前にも違うお客さん向けでマグネットを仕込んだこともありましたが、今度は向きが違い、長いタイプです。

木型内にマグネットの埋め込み 直径5ミリ(φ5)で長さが15ミリ

今回、使用する磁石は直径5ミリ(φ5)で長さが15ミリであります。

都合119か所に穴開けして仕込むことになってますが、なかなかの細かい作業であります。

1か所のマグネットに2本の金具をセットするようですので、金具はその倍の240本程度・・・

一つの木型に、ここまでの施工をすることになろうとは思いもよらなかったのでした。

しかも磁力が強いので一つをはがすだけでも大変であります。

現場現場で様々なやり方があり、勉強になり、いいアイデアを吸収できて、数多くの作業は大変ではありましたが、うまく仕込めて一安心であります。

この記事が気に入ったら、いいね!&フォローをしよう!

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

型屋の難しさとは?

新聞、テレビ報道で最近人手不足や人材不足の内容をよく耳にするようになりました。 また木型屋でよく言うのですが、職人やエンジニアが不足傾向に...

記事を読む

職人と加工機

今回の木型製作にあたりほぼ加工機でまかなったのだが、何とも複雑な心境に・・・ 効率化やデータ支給で簡単に距離も関係なく済んでいってしまうが...

記事を読む

プラント計画用の木型製作が折り返し地点

新年度を迎える4月からプラント計画用の木型製作がスタートして、ちょうど1ヶ月半が過ぎようやく山を超えたところの半分が終わりました。 そして...

記事を読む

最後の紅松

木型業界で長年に渡り、使用してきました材料であります紅松(ベニマツ)ですが、弊社も最後の山を預かり、今後は違う材料へのシフトの時がやってきま...

記事を読む

磨きからスタートの離型剤

ここのところ古い木型の定盤更新が続き、木型に塗装を施してある状態を磨きに磨いて修理補修をしての取付作業。 木型は砂にさらされるので、鋳物屋...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。