愛知県半田市の杉浦木型のブログ

愛知県半田市の杉浦木型のブログです。

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

現物鋳物しかない木型製作にて寂しさを感じる

お盆休み前のタイミングで、また現物鋳物しかないという木型製作依頼が舞い込んできました。

昭和の香りのする機械の消耗部品らしいのですが、これで、かれこれ4回目の木型製作となりました。

弊社で計測してCAD化し図面データ管理的な流れでありますが、次の機会は果たして令和の間にあるものなのかなんて感じます。

ただ昔の木型に触れると意外な発見であったり、製作した木型屋の職人さんの技術に触れることにもなるので、勉強になります。

しかしながら、これだけ回数をこなすとなぜかちょっとした寂しさを覚えることもあります。

無くしたから探すよりは作った方が早い場合や処分してしまったとかと聞いてしまうので、寂しいものです。

よくある話ではありますが、鋳物屋さんの木型管理は大変だなとも思います。

最近ではQRコード管理の導入も増えてきているから、今後は木型屋には仕事とならず管理されて違う寂しさも増えるかなとかとも感じております。

この記事が気に入ったら、いいね!&フォローをしよう!

木型や3Dデータは杉浦木型へお気軽にお問い合わせください。

関連記事

仕事納め

クリスマスを過ぎ、今年も残すところ数日となってきました。 今年はオリンピックやアメリカ大統領選やスマップの解散だとかかなり話題豊富な年だっ...

記事を読む

型屋の難しさとは?

新聞、テレビ報道で最近人手不足や人材不足の内容をよく耳にするようになりました。 また木型屋でよく言うのですが、職人やエンジニアが不足傾向に...

記事を読む

デジタルとアナログ

図面のみでは形状が理解しにくい木型製作案件が増えつつあり、3Dモデルが最近欠かせません。 3Dモデルデータも支給される時とされない時もあり...

記事を読む

解決し、ホッとしました。

今月悩まされてた間口の大扉の開閉問題だが、修理をしていただき解決したから、やっと全開できることになりました。 半開き状態では意外に不自由さ...

記事を読む

実行に移った定盤製作

年末から年始にかけてスケジュールを組んでおりました、弊社にとって最大級の大きさとなります仕事の定盤取付。 その片鱗が見えてきまして、やはり...

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。